top of page

ヨガセラピー 胸を開こう!

いつもありがとうございます。 写真のように立位から後屈を行い

2メートルほど後ろの壁が見えますか?



両足を越し幅に開き姿勢良く安定した状態で立ちます。

腹筋背筋(& バンダ)が使えないと 後ろに倒れちゃうので要注意です。

目線を天井に向けて 更に目線を後ろに向けて 2メートルほど後ろの壁を 見ることが出来ますか?

(*首や腰に問題のある人、目眩などがある人はは決して無理をしないこと。)

胸の前が開き 肩甲骨周辺の筋肉が 使われると胸椎の後屈が深まり 視界も広がります。

両手を腰の後ろで組むだけでも 巻き肩が開き、胸の前が広がりやすくなります。

後ろの壁が見えない方は 普段から猫背気味だったり 慢性肩こり、腰痛持ちさん ではないでしょうか?

胸、肩甲骨周りが硬いと、 胸が開く代わりに反り腰になり 腰痛も引き起こします。

胸周りや肩甲骨周辺 体側の筋肉が動きやすくなることで 胸椎後屈の可動域も緩やかに増し 最初にチェックした視界も 天井から後ろの壁まで広がります。

肺の周辺が柔らかくなることで 呼吸も深まり自然と気持ちも軽やかに。

万年肩こり 猫背 反り腰 腰痛 偏頭痛 眼精疲労 などなど!


ゆっくりじっくり改善していきましょう! ヨガセラピー75

隔週火曜日開催中!


ご参加お待ちしております

bottom of page