top of page

Czech Brno チェコ ブルノ

Czech Brno チェコ ブルノ

ドイツ語 = Brünn ブリュン


チェコの第二の都市であり

東部モラヴィア地方の中心

人口約38万人


9~10世紀に大モラヴィア王国の 都市として栄え 文化や学門の中心でもあった


首都プラハからは180km

隣国オーストリアのウィーンから

150kmほど


旧市街を隈無く走るトラム

古い街並みに似合うレトロな旧車両に

出会うと訳もなく嬉しい



カフェ文化が根強く浸透し

路面だけでなく移動カフェトラックや

スタンドもあちらこちらに



大学も多く若者の姿が目立ち

街に活気がありました


観光の見所は

小高い丘の上に立つ

13世紀建造ゴシック様式の

シュピルベルク城



17世紀には監獄として用いられ、

第二次世界大戦中はナチスによって

チェコ人の強制収容所にされていた

という、暗い歴史を刻む場所も

今世紀に入り全面改修され、

現在は周囲の自然公園と博物館によって

多くの市民や観光客に親しまれています


重厚で荘厳な二つの塔を聳えているのは

ゴシック様式の聖ペテロ聖パウロ大聖堂



くにゃりと曲がった

旧市庁舎入口の門に施された

石細工小塔の先端のひとつ

充分な報酬をもらえなかった

製作者の腹癒せと言う説も。


メンデルの法則(名前しか覚えてない)の

メンデルがこの地で司祭の傍ら

エンドウ豆の実験を行った修道院の一部が

メンデル博物館になっています


旧市街地の程よい大きさと見所

1、2日ののんびり観光にちょうどよく

プラハやウィーンからなら

日帰りでもいいくらいのサイズ感


ウィーンとの間には

120kmの自転車🚲道路も通っているらしく

本格的なサイクリストもたくさん見かけました

Коментарі


bottom of page