top of page

南バイエルン便り Lenggriesの夏祭り

6月はドイツで最も心地好い

季節かもしれません


毎週末のように

近隣の町や村でお祭りが

繰り広げられています


隣の隣町 Lenggries レングリース



アルプスの麓に位置する

風光明媚な田舎町

人口約9500人

ミュンヘンからは60km程南


伝統的な職人と商人を

テーマにした夏祭りが

行われていました


レダホーゼ(革パンツ)や

ディアンドル(女性の民族衣裳)は

もはや彼らのアイデンティティー


3年振りということもあって

みんな気合いが入ってます


ブラスバンドの演奏と伝統舞踊

足と手を打ち合わせる躍りや

お揃いの民族衣裳も見飽きません



町中に繰り広げられた

昔ながらの職人技も

バイリッシュならではのもの


薪の切り出しや

ビール樽塗装

レダホーゼ職人に

バイオリン職人

馬の蹄鉄やさん

馬具専門の革職人

弓屋さん

などなど

この土地を支えてきた

職業が今なお誇り高く

育まれています






子供たちも

こんな素敵な職人に憧れて

後を継いでいくのだろうな



若者がこの町に残りたくなる

そんな町や村が

ドイツにはたくさんあるような

気がします


お祭りと言えば

もちろん忘れてはなりません


ビアガーデンが大盛況なのは

言うまでもなく😉 いつもありがとうございます。 オンラインクラス開催中。 ご予約・お問合せこちらからお気軽に。

Comentarios


bottom of page