top of page

どんな時も


光を見失わずに

いられるよう


繋がっていることを

忘れてしまわないよう


新月の瞑想から

再び醒めて


(あるいはいつもの夢に

戻ったのかもしれない)


いずれにせよ


いつもの空を見上げて

隠れる月を探す


新月の日

夜を照らす変わりに

月の光は森に託される


土に還る日を待つ葉に

注がれる光の粒子

葉脈へと流れ行き

トライコームが反射する


一滴も取り零さぬよう

葉の掌を柔らかにして

そっと掬い続ける


蜘蛛の糸は道標

誰も迷子にならないように


今日も森に聴く




遥か彼方から

届けられる

懐かしい声

Opmerkingen


bottom of page