top of page

ハーキニームドラ

Hakini Mudra 女神ハーキニーのムドラ


ハーキニーはサンスクリット語で「力」や「支配」を意味し

想像力、透視力、直感力、内なる知性に関するヒンドゥ―教の女神の名前です。


直感と本能をつかさどる第三の目、第六チャクラ・アージュナーチャクラを司っています。

心のムドラとも呼ばれ自分の心を支配する力を与えると信じられています。





両手の指先を合わせることで身体の両側のエネルギーがつながり、

イダーナディとピンガラーナディ(左右のエネルギーの通り道)が交差する

アージュナーチャクラが刺激されます。


左右の氣道が交わるアージュナーチャクラは 左脳と右脳の2つの均衡を取る場所でもあります。



右手と左手はそれぞれ左脳と右脳に繋がっていることは知られています。


・左脳は論理的で現実的

・右脳は直感的で空想的


正反対の働きをする左右の脳の均衡

・能動性と受動性

・積極性と消極性

・男性性と女性性

など

内在する全ての陰陽のバランスの均等がもたらされ 調和をもたらします。



また、それぞれの指は五大元素を象徴しています。

小指は水、薬指は地、中指は空、人差し指は風、親指は火を象徴しています。

5大元素がひとつになることで身体の中の全ての層がひとつに統合されます。


五大元素について詳しくはこちらこちら



陰陽のバランスと5大元素の統合により覚醒のような明晰な意識がもたらされるとともに

癒しと落ち着きが内側から広がるのを感じられるでしょう。


ムドラの結び方

背筋を伸ばし安定した座位(立位)を調えます。


みぞおちの前で手のひらを数センチ離して向かい合わせにします。

両手の同じ指同士の指先を合わせます。

球体を包み込むように手のひらは柔らかく保ちます。


肩はリラックスさせ両肘はやや身体から離しておきます。



ハキニ・ムドラは1日30分まで、または10分ずつ3回に分けて行うことができます。

一日中いつでも行うことができますが、日の出の時間帯が理想的です。


より深い瞑想と呼吸のために

ハーキニームドラを結んだ両手の親指の付け根を

額の中央にあるアージュナチャクラの高さまで上げてもいいでしょう。


鼻呼吸をしながら、息を吸う時に口蓋に舌をあて

息を吐く時にリ舌をリラックスさせます。


手のひら同士の空間に意識を集中させると、

両手の間にエネルギー(氣)を感じとることが出来ます。


呼吸に従って空気の球が膨らんだりしぼんだりすることに気づきます。


氣を感じたらアージュナーチャクラ(眉間から額の中心)に意識を移し、

集中することで穏やかな脈動や光を感じられるかもしれません。


期待される効果

ストレス 疲労 不安の解消

記憶力・集中力の向上

脳の活性化

明晰さの向上

創造性の促進

直観と洞察力の促進


呼吸を深める

心を穏やかにする

目覚めをよくする


心身全体のバランスが調う



など

 

毎朝または毎晩、ほんの数分でも、

目を閉じてハーキニームドラを結び瞑想をする習慣をつけてみてはいかがでしょうか。


陰陽のバランスが調うだけでなく、5大要素の活性化と統合により

せわしない日々に落ち着きが生まれ

平穏な時間、明晰な思考がもたらされますように。



ちなみに。

昨年、16年という長期政権に終止符をうち

政界から引退された元ドイツ首相のメルケルさん。



知ってか知らずかいつもハーキニームドラでした。

波乱にとんだ16年もの歳月を乗り越えたことに

少しはこのムドラが功を成していたのかもしれません?!

(私の中では別名メルケルムドラになっています 笑)


 

オンラインの各クラス内でもムドラの実践を行っています。

クラス詳細はこちらから



日々の徒然はInstagramにて発信中です。


最後までお読みいただきありがとうございます。



Kommentare


bottom of page